建売住宅で失敗しない!購入時に押さえておくべきチェックポイントを紹介します

当サイトでは、建売住宅を購入する上で重要とされているチェックポイントについて紹介します。
購入するときに参考となる媒体の一つであるチラシの重要性や、大手メーカーの住宅は他の所とどのように違うのかなどを正確に紹介しているのが特徴です。
家は大きな買い物の一つである以上、どのように購入するのかを正確に把握し、納得したうえで選ぶことが重要となります。
特にチェックしなければならないところが存在しているため、確認が重要です。

建売住宅で失敗しない!購入時に押さえておくべきチェックポイントを紹介します

建売住宅を購入する上で、失敗を避けるために重要なポイントはコストだけを重視しないことです。
コストを抑えている住宅の場合、壁などが薄くて騒音トラブルが発生したり、近隣の人のトラブルが発生していることが多いといいます。
コストを抑えてできる限り納得できる家を選ぶことは重要ですが、ある程度費用面で下限・上限を決めて置き、その範囲内で建売住宅を選ぶことで、工事や周辺環境で不満を抱かなくて済むようになります。

後悔しない理想的な建売住宅の選び方

建売住宅の購入で失敗しないためには、理想的な選び方を知っておく必要があります。
それぞれが購入時に希望を持っていますが、その希望に優先順位をつけて優先度の高いものをクリアしていることが大切です。
いくつもある条件を全てクリアしていることは難しいのですが、外せない条件だけでもクリアしていなければ購入後に失敗したと感じる可能性が高くなります。
また、建売住宅ではアフターサービスの内容や期間にも気を付ける必要があります。
法律では10年と決められていますが、それにプラスして保証をしてくれるところが多いので、その期間を比較します。
内容に関しては、アフターサービスを受けやすい条件になっていなければなりません。
サービス自体は素晴らしくても実際に受けるのにハードルが高いと、結局はそのサービスはついていないのと同じです。
将来的な資産価値が見込める建売住宅を選ぶことも重要であり、簡単に値下がりしそうな物件は避けます。

価格よりも住み心地重視で選ぶ建売住宅

永住可能な建売住宅を購入するためには、価格だけに注目するのではなくて住み心地を重視する必要があります。
しかし販売している不動産会社のサイトを見るだけでは、物件の良し悪しを見極めるのは難しいです。
特に完成間近の建売住宅であれば、実際に内部を案内してもらって住み心地をシミュレーションすることも可能です。
玄関が広くて収納が充実した新築物件は、ワンランク上の住まいを探している人たちも注目しています。
けれども快適性を最優先にする場合でも、購入可能な価格に一定の上限があるのも事実です。
家を買うときに不動産会社に希望する予算を伝えると、お勧めの建売住宅を紹介してもらえる場合もあります。
建物内部に断熱材を張りつめている物件は、真夏や真冬でも室内では快適に暮らせるのが魅力です。
リビングルームが15帖以上あると、家族が集まったときにもゆったりと過ごせます。
オール電化の住宅であれば、太陽光を使って環境に優しい暮らしも実現可能です。

購入後も安心できる建売住宅のアフターサービス

建売を購入するうえで考慮したいのが、アフターサービスです。
建売を購入後、何かしらのトラブルが発生する可能性があります。
アフタサービスがあれば、それを保証で解決できるようになるので安心です。
10年保証は、住宅の構造上重要な部分や雨水の侵入を阻止する部分のトラブルについて法律で求められているので、どこのメーカーで購入しても受けられます。
しかし、それ以外の点については独自にハウスメーカーが判断することになるので、購入した会社によって対応が分かれます。
したがって、長く安心して住み続けられる建売を購入したいのであれば、メーカー独自のアフターサービスの内容を考慮する必要性は高いです。
例えば、法律で定められた期間よりも長く保証したり、対象外となっていることもカバーするようにしている会社もあります。
単に家の見た目や周辺環境だけで満足するのではなく、こうした点も考慮して購入を考えると、後悔しない建売住宅が購入できるでしょう。

選びたいのは土地の仕入れから施工と販売まで直接行う会社の建売住宅

建売住宅を手掛ける会社にも色々な形がありますが、安心できるのは土地の仕入れから施工、販売までを直接手掛けているところです。
土地探しをほかの業者に任せたり、施工自体は下請けに丸投げをしているところも多いので、この工程の全てにきちんとかかわっているところは意外と少ないかもしれません。
しかし、建売住宅はずさんな工事をされているケースも多いので、安心して購入できるところを探さないと住み始めてから後悔する恐れもあります。
費用的にも、すべてにかかわっているところの方が無駄を省けますので、価格の割には良質な建売住宅になります。
管理を自社で行うということは、その分質にまでこだわることができ、良質な家づくりができていることになるため、建売住宅を購入した人たちの満足度も変わるはずです。
内覧会に出向くとそのあたりの情報まで教えてくれますし、ホームページにもどのような体制で家づくりを行っているかが掲載されています。

著者:立木隼人

筆者プロフィール

佐賀県小城市生まれ。
建売に関する記事を書いています。
小城市 建売